鉄道模型を眺めた

 正月に里帰りした娘だが、次男の趣味に付き合って連日
鉄道模型やら現物車両やらを見て、横浜はおろか埼玉や東京
などを歩いている。ところが昨日は珍しく旧友と会うのだといって、
朝早く一人で出かけた。それで、息子を預かって市電保存館に
連れてゆく羽目になった。

 いろんな模型車両が走るパノラマだかジオラマを見て、
わたしも昔熱中したころの感激を思い出したものである。
いまでは新幹線やら多彩な車種があってむかしとは比べ
ようもないけれど。

 息子は、やっぱり自分で運転するにはトレッサの店が
いいと言って、結局午後はそこで過ごすことになった。
なるほど速度が緩急自在になるなあ、などと感心しつつ
孫と終日過ごしたのであった。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Crece
2012年01月07日 20:31
大宮の鉄道博物館へも行かれた事でしょう。
万世橋の交通博物館よりも大きくて、種類も豊富ですね。
特急燕の展望車、最初の山手線電車等。
私の鉄道模型は大学時代から初めて、キットで151系の特急こだま等を
作った事が有ります。
持ってた数は30両位でした。C51,C62等。
現在のモーターは凄く小さく成って、実物と同じ様な仕組みですね。
お孫さんは自分で運転して、凄く満喫されたでしょう。
模型の走行は力行、蛇行、制御で本物そっくりです。
H.Oゲージの小田急ロマンスカー(最新型)の全編成も販売してます。
ドイツのメルクリン(3線式、交流方式)は健在なのかな。

この記事へのトラックバック