十条商店街で

 眼鏡が紛失して何日かになる。古い眼鏡を出して
掛けているが弦の具合もしっくりせず気分も良くない。
そこで新調したくなったが、流行かつ格安のカタカナ
名前の店は安心できない。やはり気心の知れた店でないと。

 で、はるばる京浜東北線に乗って、十条にあるメガネ屋
さんを尋ねた。先代の主人は亡くなり今は二人の息子さん
が後を継いでいる。奥へ声を掛けたらしく、おばあちゃんと
いうか女将さんも出てきて、お茶を入れてくれ話に入ってくれた。

 実は妻は行く前に、お茶を出してくれるなら一緒に行くわよ、と
言っていたから、正にズバリ的中である。世間話に花が咲いて
やはり昔なじみは良いものだと実感する。無くした眼鏡は平成19年
に作ったと記録にあるそうだ、5年前だから無くならなくても頃合かな。
検眼したらあまり変化は無かった、注文して店を出た。

 あとは昼飯にして商店街をぶらつくかな。むかしと変わった店もあれば
変わらない店もある。なつかしいお蕎麦屋さんに入って、搔き揚げ天丼と
蕎麦を頼んだ。昔ながらの濃い露の江戸前だった。妻は多くの衣料店に出たり
入ったりとご満悦で、近くに越して来ようかしら、などと言っている。

 遠出してよかった。帰ったら日も傾いていた。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Crece
2012年02月06日 23:24
買い物の店は顔馴染みの方が買い易いし、安心ですね。
庶民的なアーケードは他に武蔵小山(東急目黒線)も有りますし。
そして母が行きたかった所。
下目黒時代良く行きました。
和井 圭
2012年02月09日 15:13
Creceさん 武蔵小山は行ったことがあります。あの辺は
戸越とかいっぱい商店街があって、楽しいところですね。

この記事へのトラックバック