バス停のベンチで

 このベンチはバス停の新横浜終点とトレッサあたりに置かれている。普通のベンチと違う点は
何か所が金具で仕切られており、座る場所が制限されることだ。おまけに区分がが均等ではなく、
狭いとこらは二人座れないのだ。やや広いところは二人掛けが可能である。

画像

 どうしてこんな構造にしたのか理解に苦しむ。仕切りなんか付けないでおけば大勢座れるのに。
それに広いのには、たいがい一人が荷物と座っていて、お客が立て込んでも平気である。だから
ベンチにはちらほらとしか座ってないという風景が、いつも見られる。

 混んで来たら席を詰めて、やりくりしあうるのが社会常識だと思うが、近ごろは他人にはお構い
なしで済ますのが当たり前になっている。
 そういえば電車の中でも、席に座ればケータイ取り出しメールをピコピコ始め、周りには無関心
な人種が増殖している。

 話は変わるがバスの席で目立つのは、オバサン族である。二人座席の通路側の席に座って独り占
めにする。腰か足が悪いのかな、決して奥には詰めない。観察した結果、次のことがわかってきた。

 若いころ勤めを、いや通勤した経験があるらしいオバサンや若い娘は、そんなことはせず、奥に
座るか、通路側にいても混んでくると奥に詰めるのだ。
 通路側を独占するオバサンには、もう一つの理由があるらしい。それは終点まで行かずに途中で
降りますという意思表示である。いつぞや乗り込んできたもう一人のオバサンが、空いてる奥の席
を指さして何か言ってると思ったら、先住のオバサンの隣に潜り込んだ。どうやら先に下りるのが
手前だと、席を決めたらしい。

 まあ、こちらもヒマ人だわな、乗り場やら車内の観察に精を出すなんて。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろし
2012年10月17日 16:38
此の風変りなベンチ、痛そうで奥行きが狭い。
仕切るのは今の政治と同じですよ。
こちら、電車車内で変なやつに一語注意したら、次の駅で一緒に
降りやがって(手を掴んで)、出る処へ連れて行くぞと
脅迫。
エスカレーターの右側急ぎ用の開け、これも可笑しい。
YKOMA
2012年10月20日 10:50
ひろしさん、電車内とか外出すると、一言言いたくなる情景に
良く出くわします。実際に言えるあなたは偉い!
この頃刃物を持ってる奴が多くなったので、ご注意が必要ですが。

この記事へのトラックバック