和楽の演奏会

 Sホールで尺八と琴の演奏会があり、友人が出るので行って見た。
六段とか春の海など、昔聞いた覚えがある曲が多いからでもある。

 このような曲が、ラジオでもテレビでも聞こえなくなって久しい。

 考えてみたら、母親たちの育った時代は、三味線や琴を習うのが
当然だった。ぼくらも長唄の越後獅子とか明けの鐘など、口真似し
て育ったものだから。
 そんなことを話し合いながら妻と聴いてきたのである。

 今日は汗ばむほどの陽気であった。
娘が母の日に先立って送ってきた花の鉢も、暖かさを喜んでるようだ。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック