花子とアンの山梨方言

 NHKの連ドラ「花子とアン」について、使われる山梨のお国言葉の幾つかが耳に違和感があってしょうがないのだ。

 まず、「花子と呼んでくりょう」であるが(呼んでくれろ)の意味だから女の子は使わない。
むしろ「呼んでくれんけ」のほうが(呼んでくれないか)という問い掛けまたは懇願で、柔らかい表現で女性にふさわしい言葉だと思っている。

 つぎに耳障りなのが「こぴっと」の多用である。これは「小ピッと」(もう少しピンと/ シャンとしなさい)という  注意または激励の意味で目上の人が使うものだ。だから、ああも頻繁に誰もが使うもんじゃないよ。

 おれって神経質すぎるのかなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック