テーマ:子供

りゅうくんの絵

 つねづね自分が大物に聞こえるような書き方は極力したくないと思っている。その延長で妻自慢や家自慢になるのも出来るだけ避けたい。自己宣伝やら連れ合いののろけやらを、おおらかに、あるいは淡々と書いてる方がおられるが、尊敬しちゃうね。わたしには、とてもああいう風に自信を持って書けないよ。  でも孫自慢はたいがいの人がするから、してもいい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

はじめてのロープウェイ

 三日間、箱根に行ってきた。  一泊目は山深い場所であった。夕方は蜩(ひぐらし)の鳴く声が聞けてなかなか風情があったのだが、孫たちを連れてでは感慨にふける余裕は無い。型どおり、あちこちと見所を見て回った。まずは大涌谷----  ところで過去、子のときも孫のときも、いつも私は運転手だったから船にしてもロープウェイにしても自…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

DNA

 某日は水族館、その次はプールなどと色んな局面で子供たちと付き合ってみると、どのようなDNAを受け継いだのか観察できて面白い。  大別すれば四系統になるのかな、父方の父系か母系、母方の父系か母系、それらの遺伝子が微妙に混じり合っているのである。ああ、ここはあそこのおじさんの性癖だったな、などと記憶をたどって感慨にふけってし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

こちらは晴れだが

 このところ晴天が続いている。車に乗らなくなって久しいので、車庫に入ったままでエンジンをかけてアイドリングしてみる。近所をひと回りしたいが、やはり怖いのでバッテリーの充電だけにしておく。  午後は眼医者さんに午後4回目のレーザー治療を受けに行った。まだ腫れがあると先生は言う、長期戦になりそうだ。視力は少しはましになるのだろうか。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

プレゼント

 竜くんから嬉しそうに電話があった。サンタさんからラジコンの車を貰ったのだという。  昨年は新幹線の列車が来たそうで、サンタさんはどうしてぼくの欲しいものがわかるのだろうと報告してきたものだが、今回は姉や兄へのプレゼントの詳細まで説明する余裕があり、この一年の成長振りをうかがわせるものであった。  でも、やがて電話が来なくな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

学芸会だって

 孫たちの動静がときたまCDやらDVDで送られてくるのだが今回は学芸会らしい。あちらは人口寡少だから小学校は全校生徒十数人、保育園もいっしょに加わってやるのである。なにをやるにしろ重要な配役の人物として欠くことができないし、でずっぱりなのだ。  世の中は芸能ばやりになったせいか、歌と踊りだけでなく、近頃はお芝居までやるのだね。長女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢の切れはし

 重いテーマのドラマを見て寝たせいか夜中に眼覚めたあと、しばらく眠れなかった。明け方はうとうとしたのか珍しく夢を見た。近頃覚えてる夢なんてめったにない。  それは子供を連れて土手を歩いているか橋を渡っている情景であった。その子は幼い頃の娘のようであり、昔の子供時代の末弟のようでもあり、あるいは現時点の孫のようでもあった。 顔を覗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more