テーマ:雑記

キムさんとカラオケ

 2001年に、われわれが韓国を訪れた初期のころの話である。 参加者が一堂に会した交流会が終わったときに,キムさんから 誘われた。彼と知り合いになった経緯は覚えていないが、 何歳か年上だった。.  行事の最後はカラオケと決まっている、行こうよ、というのだ。 夜の街を歩きながら話した。彼は日本語が達者である。 かみさんのこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

久しぶりに書いた

 昨年6月に、病で入院する、と書いたまま,休止してしまった。 その後、癌で入院、手術となり、いろいろとあったけれど。 まあまあ、生きている。  病院通いは月に1回程度になったがねえ。 眼はかすみ、耳は遠くなって、文字を書くのに苦労する。   丈夫なのは「口」と「足」だけだなあ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

製糸と養蚕

富岡の製糸工場が世界遺産になったそうだ。そういえば大正から昭和にかけて 養蚕が普及して、私の故郷でも盛んだったことを思い出す。 実家は明治8年に建てた古い民家で、1階は応接間から居間、座敷、奥座敷、納戸 お勝手、女中部屋などとだだっ広く、現今の建物の常識では効率の悪い建物であった。 2階は養蚕室で一面茣蓙が敷いてあって、人の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

昔の刺身の味

 買ってきたまま、二日間も冷蔵庫に入れたものの、忘れていた刺身のパックを この朝、発見した。さっそく味見したら、なにやら昔の記憶が蘇えった。  戦前に遡ることだが、冷蔵庫が家庭になかったころ、海なし県の故郷では 刺身は貴重な食べ物であったから、冠婚葬祭には欠かせなかった。 ところが、取り立ての新鮮なものが並ぶはずがなく、少し…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

雨模様だ

 梅雨時なのにあまり降らないなあと思っていたら、今日は降りそうだ。 しかし今日眼医者さんに行かないと、来週以降になってしまう。  そこでバスに乗って駅に出ることにした。あいにくの天気なのに、乗客が 結構多い。それに、乗ってくるのは圧倒的にオバさんばかりだ。杖を突いたり 足腰が悪そうな人もいるのに、買い物だろうか。  オ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一年ぶりだな

ブログを一時中断してから、ほぼ1年になる。 実は今年になってから、たいへんなことが起きて、時間を取られ ブログどころではないような心境に陥ったのだが。 それも、おいおい書いていくことにする。 とにかく再開を宣言しておこう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しばらく休養

 今月も残り少ないというのに、ぜんぜんブログを書いていない。  あまり面白くもない記事を書き続けることに嫌気がさしたからでもあるが もう一つの理由は、北海道に行ったときに眼鏡とカメラを紛失したからである。  とりわけ、カメラは持って歩くには手ごろの軽便なものだけに、記事に 写真を添えるには不可欠だった。  代わりに一世…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北海道へ行った

 北海道行きの格安ツアーに参加してきた。理由はないと云うより、 80歳過ぎの人間が4日間もの旅に耐えられるか、思えばこの何年か 旅行なんぞしてなかったからだ。  千歳空港に着いてから小樽_函館_登別_札幌と、毎日200㎞以上を バスに揺られて過ごした。  このあたりはテニス友達と1度バスで、道東に嫁いだ娘と一度クルマで …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ツバキに毛虫が

玄関先のツバキに毛虫が居ると妻が言う。また今年もか。 わたしは何年か前、首筋に落ちてきて腫れ上がり、その毒に やられて、ひどい目にあった。  細かいものは見えないので、妻に作業をやってもらった。 まずツバキの木の下に新聞紙を敷き詰め、柄の長い剪定ばさみ を使って、毛虫やその卵の着いている葉っぱを枝もろとも切り 落とすの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

故郷に帰って

 兄姉弟5人で、うち4人が後期高齢者なのに一人も欠けないってのは、 極めて珍しく自慢していいのでは、と思っていた。  ところが今年になって長兄が亡くなり弟が病に侵されたという知らせ があって、その誇りも潰えた。  そして、とうとう弟も鬼籍に入ったのである。  故郷に二度往復した。通過する駅名を見聞きするとなつかしさを感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和楽の演奏会

 Sホールで尺八と琴の演奏会があり、友人が出るので行って見た。 六段とか春の海など、昔聞いた覚えがある曲が多いからでもある。  このような曲が、ラジオでもテレビでも聞こえなくなって久しい。  考えてみたら、母親たちの育った時代は、三味線や琴を習うのが 当然だった。ぼくらも長唄の越後獅子とか明けの鐘など、口真似し て育っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文句があって

 ゴールデンウィークに突入した。思えば長く生きたもんだな。 どこかへ旅に出ようなんて考えることすらしなくなった。  今年、有線TVからフレッツ光に変えたのだが、契約変更に伴う いろんな書類を読まされ書かされて往生した。  とりわけ、NHKの手続きは、何と葉書に印刷してあって、活字が 小さいうえ赤や黄色の背景に白抜きの文…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ワイルドライフって

 今朝TVで釧路湿原の鶴をやっていた。厳しい冬の夜を 天敵の狐を警戒して川の中で眠り、早春の訪れと共に原野で 舞い踊り、子供を産み、鷲の襲撃に身を挺して戦う、と いう生きる姿に感銘を受けた。しかしキツネやワシにしても 生きるために厳しい毎日があるんだね。  おれたち人間は、数千年の歴史の中でリスクを回避し、 安全な生活を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

次々に咲く花

  風の強い日が2~3日おきにやってくるせいか、咲く花が次々に 交代してゆく。  東側のハナミズキが満開になったと思ったら、庭の南にある コデマリが咲きだして、その陰にあるテッセンまでがひっそりと 赤紫の花をつけている。  そういえば、公園の桜も八重とか山桜に交代して、その下の 植え込みにツツジが早くも咲きだしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山梨で

 弟が病気だと知らされたので、見舞いに山梨に行った。5年振りかなあ。 久しぶりに見る故郷は、変わったといえば変わったのだろうが、変わらないといえば あんまり変わってないような気もする。  病院に着いて弟を見舞ったのだが、久しぶりに見る弟は、痩せてしまっていた。 無口な弟は、はたして喜んでくれたんだろうか。  久しぶりの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

エビチリというもの

 中華街に行くと必ず寄る店がある。しかも注文するのが必ずエビチリである。 四川料理だから辛い。一度友人を連れて行ったら料理がみんな辛いので、怒り出 し帰ってしまった。  この頃近くに巨大商店群のビルが出来て、ちょくちょく買い物に居出かける ようになった。ランチタイムの店を探したら、エビチリを発見した。  中華街には及ばぬが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

池で三者三様の争い

 暖かな日だったので三つ池公園に出かけた。歩いて下の池に来たら、 なにやら騒がしい。  見ると、カモメと金黒羽白と鯉たちがそれぞれ、空中と池表面と水中 という3層で、餌でも奪い合っているんだろうか、大騒ぎである。 三者三様の争いとでもいうべきか。  この公園は海から離れているが、時々カモメが遊びに来るのだ。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

人間ドックで

 なんかの弾みで、人間ドックを受診する羽目になった。 何十年振りだろう。確か小田急線の東林ていった間かの駅で降りて歩いたような気がする。  今度は関内の大通公園近くにある。あっちこっち引き回された挙句、 バリウム呑まされてX線撮影があって、ああ受けるんじゃなかったと後悔した。 だって、バリウムって好きになれないもん。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

懐かしい文房具

 こないだ古い文房具入れが出てきて、その中にマジックインクがあった。 昔愛用したものだった。印を付けたり、衣類に名前を書いたりした。  近頃はあんまり縁がないし、だいたい文房具店に行っても見ないねえ。 名前がマーカーってのは見かけるが。  それで気になったのでネットで調べてみたら、あったよ。ペンみたいな 容器に変わ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ルーツは近江

 TVを見てたら、近江商人のルーツの話をやっていた。琵琶湖周辺の5つの村落から 生まれたそうである。その内の蒲生氏の城下町の「日野」に住む商人たちは関東周辺 の農村に出かけては、米を集めて造り酒屋を営んでいたらしい。  私の実家も戦前はヒノヤという屋号で呼ばれていて、幕末の頃は造り酒屋を営んで いたそうだ。幼少の頃は、潰れか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

界隈はゴーストタウン

 我が家の二階から、街路が見渡せるのだが、ほとんど人が通らない。 たまに犬を散歩させる姿を見かける程度である。そうそう、朝8時頃 子供が数人小学校に通うため、四つ角で待ち合わせするのが唯一の例外 かもしれない。  冬だから、といえないこともないが、年寄りばかり増えたから、 このようなゴーストタウンめいた眺めになってしまった…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ウナギが絶滅か

 ニホンウナギが絶滅危惧品種だとかなんだか、報道されている。鰻にはいろんな 思い出がある。日本が大きな戦争に巻き込まれなかった平和の時代には、母の実家 に遊びに行くと必ず人数分のうな丼が出前で準備されるのが慣わしだった。当時 ぼくは小学生になっていた。  母方の祖母が亡くなったのはおぼろげな記憶だから、幼少期のころだ。最初に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ある英国人の思い出

 春を待つ時期になって、ふと思い出されることがある。ずっと昔、英国人マダムのSさんの 話だが。  会社で英会話のレッスンが計画され、それの講師で来たのが彼女だった。それから個人 的に付き合うようになって、夫のP君ともども故郷を案内したりして、帰国後も文通が続いた。  毎年クリスマスカードはもちろん、旅やら日常の動静などを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山が見えた

 今が一番寒い時期である。一昨日は北風が吹き荒れ、昨日は風がなく暖かくて 外に出られたが、今朝は一転して雪が舞ったと思ったら直ぐ陽射しが回復して 何事もなかったかのようである。  これでは散歩にでも出かけられそうである。  先日は立て続けに記憶に残る夢を見た。何故かというと、出てくる筈にのない 人が現れたのだ。テニスク…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

散歩に出かけた

 明日は天気が崩れそうなので、散歩に出かけた。定例の三つ池公園に。 5年前に記録を初めて、毎年百回以上行ってる勘定だ。  天気のこと同じように考えた人もいるらしく、結構な人出であり子供連れも多い。  雪は日陰に多少残っているものの、歩くには差し支えはない。温度は上がらないけれど さいわい風がないので、杖を突いて歩行も少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪が降った

 14日は外出するはずだったが、朝からの雪で一日中降る雪を眺めて過ごした。 翌日も外出を控えた。転倒するのが怖いからである。 果たして夕方のニュース番組では、転んで怪我した人が何人いたと報道されていた。  それにしても、久しぶりに雪が積もったものだ。しかも10センチを超えている。  16日は医者にゆかねばならないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保存と長持ち

寒いなあ。なんとか長持ちして、春を迎えたいな。  ところで、保存してあった昔のものを整理していたら、なんと録音テープ が出てきた。初期のテープレコーダに使ったものである。  会社に入ったころの製品である。子供たちの声を残しておこうと購入し、 ついでに周辺に見せびらかして歩いた。義父は吹き込んだ声を聴くなり、ヤナ声だ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

賀状についての雑感

 正月も過ぎて、一つ心残りなのは恒例の賀状印刷をやめたことだ。 というよりも、表書きを印刷でなく筆で書くのが習慣になっていたのが 読み書きが視力の低下で困難になったからである。  表も裏も印刷というのは味気ない。大量に出すような人なら別だが。 年に一度しか便りをしないので、せめて宛名だけはしっかり書きたいのだ。 そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元日の日の出は?

 寒い。新しい年が来るのに、年賀状を書く気にもなれずにいる。 ワイフもお節料理も作らないが、これはまあいい。元日からやってる店 が多いからね。  でも恒例の伊達巻は、おいらの腕の見せ所ではあるなあ。 というわけで、卵を割りほぐし、はんぺんを加えて砂糖と塩とみりんを足す。 天火をつけて、と進めた。砂糖の掻き混ぜ方が足りなかっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

BMWというクルマ

 わたしが最後に乗ったのはドイツのBM車だった。昔、訪独したとき 若い技術者のハンスさんが乗っていたのだ。彼はアウトバーンという 高速道路を飛ばしながら、片手で英独辞書を繰りながら、私と話をした のだった。小さな車なのに高速で安定した性能に驚嘆して、一度は運転 してみたいと思ったのだ。 難点は値段が高いことで、10年は乗…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more